コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

外国為替証拠金(保証金)取引

1998年4月から外国為替及び外国貿易管理法(通称、外為法)が改正され、それまで、外国為替公認銀行のみが取り扱うことができたのが、誰でも自由に外国為替業務ができるようになり、新しい金融商品として外国為替証拠金取引が、最近、急速に人気を博しています。
業者によっても違いもありますが、大まかにいうと次の通りです。
1.証拠金として業者に預託した、金額の10倍から50倍、200倍といった多額の為替の取引ができます。
2.先物取引ではなく、あくまでも直物取引です。ですから、約定日の翌々営業日が決済日となりますが、スワップという手法を使って決済を半永久的に先に引き延ばすことができます。
3.金利の低い国の通貨を売り、金利の高い国の通貨を買った場合(典型的な例はドル/円の買いです)、スワップポイントとして、ドルを買っている人に若干の金額が、損益のほかに毎日、加算されます。逆の場合(ドル/円の売り)は、差し引かれます。
4.決済は、反対売買による差金決済が原則です。ただし、業者によっては現引き現渡しが可能の場合もあります。
5.土日以外は、1日24時間取引可能です。
6.証券取引のように取引所取引と違って、業者との相対売買が原則です。
7.ほとんどの業者がストップロス制度を導入しております。
この制度は損失がある一定以上になると、顧客の了解を得ずに、業者が反対売買により顧客のポジションを清算してしまう制度です。
この制度により、顧客は負い証地獄から逃れることができ、顧客にとっては、いわば安全装置です。
スポンサーサイト

テーマ : FXで稼ごう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
お勧め業者

 

 

 

 

プロフィール

鶴香

Author:鶴香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。