コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

レバレッジ

レバレッジとは、Leverage「梃子」という意味で、てこの原理を使うと重い石をを動かすことができる、といったふうに使われますが、金融の世界でも、少ない資金でより大きな成果が得られるといったように使われます。

日本語に訳すと、倍率という言葉か適切でしよう。

レバレッジ50倍というと、預託した証拠金の50倍までポジションを建てられるという意味です。

レバレッジの逆数は、証拠金率となります(逆数とは、1をある数字で割った数をある数字の逆数といいます。5の逆数とは、1を5で割った数、すなわち0.2を5の逆数といいます)。

一般的な業者のレバレッジは、20倍から50倍といったところです。

海外及びその系列の業者はもっと高率で、100倍、200倍もあります。

逆に、低レバレッジの業者もあります。

1番低いのは1倍という業者もあります。

この取引の特徴は、「レバレッジ、すなわち、少ない資金で大きな取引ができる」にあるわけで、倍率1倍ならばそもそもこの取引やる意味が無いと思います。

レバレッジ20倍から200倍まである中で何倍が適切かということになりますが、これには適切な答えはありません。

その人その人の考えでやるほかはないと思います。一般的には、50倍とか100倍は高すぎるし、200倍はもってのほか、せいぜい20倍程度だろう、という意見が多いと思います。

ストップロスという制度があるということを前提とすると、レバレッジが高いことが危険とも言い切れません。
同じ取引額であれば、レバレッジが高いほど、預託する証拠金が少なくてすむというメリットもあります。

レバレッジか高くても、目いっぱい取引する必要はないわけで、自分のペ-スで余裕を持って取引すればいいと思います。

レバレッジが高い方がよりレバレッジ効果が働き、大きなリタ-ンが追求できるし、仮に失敗しても、預託した証拠金以上の損はないということです。
スポンサーサイト

テーマ : FXで稼ごう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
お勧め業者

 

 

 

 

プロフィール

鶴香

Author:鶴香
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。